FC2ブログ

本田語録

2週にわたって放送された本田選手の言葉の一部抜粋

1週目

 「奇跡を起こすのはあくまでも自分の行動 偶然ではない そこは必然だったと考えるべきだと思う」

 「限界を作るな 一歩先へ 一歩先へ」 

 「やろう 言ったことやろう」

 「凡人がね メッシやクリスティアーノと張り合おうと思ったら毎日 鬱(うつ)ですよ (自分は)いかに暗闇にいるか かなりの変人」etc.

2週目の昨日は、

「天才」について聞かれて本田選手の答えは・・・

「基本的にはですよ。ゼロとは僕は言わないですけど天才なんかこの世の中にほぼいないと思ってます。才能の差は若干なりともあるというのも認めます。ただ若干でしょって事を僕は言いたいんです。
ライオンとね格闘するわけじゃない。馬とね競走するわけじゃない。そんな天と地がひっくり返るほどの差はないでしょ?って。
だから僕よりも才能のある選手に 僕は今までも勝ってきたし なぜならそんな差はなかった。
でもその差を大きいと見るか、越えられるものと見るかは自分次第なんです。それをみんな自分の限界を決めてしまって挑戦する事をやめてしまうんです。だから夢がかなわないなんて事になるんです。

『夢がかなう』とは僕は子供たちに言った事はないですよ。
『大きな夢を持って下さい』と僕はいつも言うんです。
なぜそれを言うか。『絶対にかなう』っていうふうには僕は言った事一度もないし ただ頑張ればかなう可能性があるわけです。頑張るという事は自分で決められるんです。頑張るか頑張らないかは。

だから その夢をかなえる可能性があるかどうかはあなた次第ですよっていう 常にチャンスはその本人本人にあった方がいいと思うんです。ただ頑張るつもりがないなら夢はかなうわけないんです。僕はどんな人にも どんな位置に今いる人でも チャンスはあると思う。それを目指すかどうかは明日からじゃなくて今日決めるんです。やれる事は今日からあるんです。」



いつもおしゃべりしながらダラダラジョギングしてる僕は、耳が痛いです
でもマラソンは僕の仕事では、ないしな・・・

日本チームと本田選手のWカップでの活躍を楽しみにしています

スポンサーサイト



プロフィール

走るお医者さん

Author:走るお医者さん
東京都大田区で開業している町のお医者さん
平成6年長女が、生まれたことを契機に一念発起してジョギングを開始!
フルマラソンのベストタイムは、3時間21分!
ウルトラマラソン100kmも年一度挑戦し完走!
基本的には、タイムを狙うというより仲間とおしゃべりジョギングを早朝や週末にジョギングを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR