FC2ブログ

完走して良かったこと

今朝は脚痛いけどいつも通りに自転車通勤

完走して良かったことの一つ目は、

今朝早速、待合室に完走メダルと完走証を昨年のヤツと差し替えておきました

DSC_2413_20170424171522.jpg


たまたま、今年初めて東京マラソンを完走した若い男性の患者さんが、それをしっかり見つけて

「先生、走ったんですねぇ~」

と褒めてくれました

人間いくつになっても褒められると嬉しいですね!

人を褒める大事さを再認識しました




二つ目は、恒例の大森の鰻名店 

野田岩 

DSC_2412_20170424171338.jpg



でのランチです

ウルトラ完走の自分へのご褒美に年に一度、特上を注文

DSC_2408_20170424171346.jpg

筋肉痛もこれであっという間に解消ってなわけには、いきませんでしたが、絶品です


DSC_2410_20170424171355.jpg

昨日頑張った甲斐がありました


最後は、ゴールした後に顔見知りの報知新聞のマラソン担当の人に一緒に走ったジョギングクラブの美人ランナーF土ちゃんとインタビューを受けました

18119610_378984409164463_952393109_o.jpg

その内容が、報知新聞の記者のブログに掲載されていました



弾丸ツアー チャレンジ富士五湖

img_9769.jpg


 23日に開催されたチャレンジ富士五湖ウルトラマラソンは、「FUJI 5LAKES 118km」、「FUJI 4LAKES 100km」、「FUJI 3LAKES 71km」の3種目に計3914人が出場しました。快晴で午前11時の気温が22度まで上がりましたが、富士山がよく見えて桜も満開。汗ばむ陽気でも、景観の素晴らしさに気分を和ませたランナーが多かったはずです。
 首都圏のランナーにとって、チャレンジ富士五湖はその気になれば前泊、後泊が不要なウルトラ。今回、親しいラン仲間を含めて11人で参加した東京の駒沢公園ジョギングクラブの一行は、当日の午前2時に駒沢公園周辺から車3台で出発。4時前に会場に着いて5時から100キロの部に出場し、ゴール後は即、東京に戻って打ち上げを行う「弾丸ツアー」が恒例です。毎年、ツアーを仕切る佐竹央さん(55)によると「前泊しても2時には起きて朝食を取る。慣れないホテルだとしっかり眠れないことが多く、泊まっても泊まらなくても同じだと思います」とか。
 「弾丸ツアー」打ち上げは深夜から未明に及ぶこともありますが、「足が痛くても二日酔いでも月曜日は普通に仕事に行く」というのがルール。これも首都圏のウルトラならではの「こだわり」と呼べそうです。
 なお、大会の様子は5月3日のスポーツ報知(東京本社版)にも掲載します。
 写真=河口湖から西湖に向かう急坂を上るランナー







これが、昨夜酔っ払って撮影した証拠写真・・・・
目覚ましが、午前1時10分、時間が月曜日の午前1時11分


DSC_2407_20170424171530.jpg

24時間起きて車5時間運転して100km走って仲間と飲んで語って・・・

一年で最も充実した?一日でした







スポンサーサイト



とりあえず

お天気良い中、チャレンジ富士四湖100kmマラソンを
制限時間14時間のところギリギリの13時間57分15秒で完走してきました


received_378984452497792_20170424101242.jpeg


DSC_2404_20170424093017.jpg


今日のお仕事も手抜きせずいつも以上にしっかり丁寧に頑張りま~す





プロフィール

走るお医者さん

Author:走るお医者さん
東京都大田区で開業している町のお医者さん
平成6年長女が、生まれたことを契機に一念発起してジョギングを開始!
フルマラソンのベストタイムは、3時間21分!
ウルトラマラソン100kmも年一度挑戦し完走!
基本的には、タイムを狙うというより仲間とおしゃべりジョギングを早朝や週末にジョギングを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR