FC2ブログ

ちょっと不思議に思ったこと

緊急事態宣言が、解除されてひと段落しましたが、毎日のように新型コロナウィルスで
感染者が何人、死亡者が、何人と報道されています

僕もそれを見て少なからず一喜一憂してしまう自分もいるのも事実です

ふとそこで思ったのですが、子宮頸がんで年間何人くらい亡くなっているんだろうと
調べてみると

スクリーンショット (41)

日本では、毎年約10,000人もの女性が新たに子宮頸がんにかかっており、
特に20~30代の若い女性に子宮頸がんが急増しています

また、毎年約3,500人が子宮頸がんで亡くなっています。これは、1日に10人もの人が亡くなっていることになります

10代前半で子宮頸がんのワクチンを接種することで90%くらい予防できるのですが、
接種後の疼痛など副作用が、報道されてから事実上接種は、ほとんど行われていません


もちろん新型コロナウィルスは、人から人へ感染するので同じ土俵で比較するわけにいきません

ただ現時点で日本で900人弱の死者数を出している新型コロナウィルスのワクチンが、
存在したら接種に殺到すると思います

10代前半の女の子に将来のがん予防の注射をする意識が低いことも大きな理由ですけど
最近は、報道もされないので年間3500人も亡くなっている病気のワクチン接種は、
しないって不思議だなぁと思いました

それを先日の救急当番の時に一緒に働いた小児科の先生ともそのことについて
話し合ってお互いに首をかしげた次第でした





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

走るお医者さん

Author:走るお医者さん
東京都大田区で開業している町のお医者さん
平成6年長女が、生まれたことを契機に一念発起してジョギングを開始!
フルマラソンのベストタイムは、3時間21分!
ウルトラマラソン100kmも年一度挑戦し完走!
基本的には、タイムを狙うというより仲間とおしゃべりジョギングを早朝や週末にジョギングを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR