FC2ブログ

救急車

月曜日の朝に1週間ほど前に大腸ポリープ切除された患者さんが、来院されました。
「おしりから出血している」
と、いうことで緊急内視鏡検査をしたところ大腸の中は、ちょっと大げさな表現ですが、血だらけでした。

ポリープ切除した部分に止血用のクリップをしっかりかけて止血を終了しました。
ポリープ切除したときにも止血用のクリップをかけているのですが、どうやらそれは、自然に外れてしまったようでした。
切除したポリープは、それほど大きかったわけでもなく自分でも
「あの大きさでも切除後に出血もあり得るのか
というのが、正直な感想ですが、不可抗力と言えないまでもある一定の確率で切除後に出血するので油断なりません
これを糧に今後さらに注意深くポリープ切除をすることを肝に銘じましたがその日の大腸内視鏡の患者さんにもポリープが、あったときは、ポリープ切除にちょっと躊躇したのが、本音です

そして再出血の可能性もありますので、万全を期して入院して安静が、必要と考え患者さんとも相談して近くの大学病院に紹介入院することになりました

患者さんの状態は、特に問題なく安定していましたが、タクシーで行かせるわけにもいかないので救急車を要請して大学病院まで同乗していきました。

再出血したことは、患者さんにも迷惑をかけて大変申し訳ないのですが出血が、続くとショックになったり命に関わることにもなりますのでとりあえず大事には至らずに済みほっとしてクリニックに帰りました

午後は、どっと疲れが出てグッタリでした

昨日、診察が終わってからお見舞いに行くと大学病院で度再検査と止血用のクリップを念のためさらにかけて落ち着いていらしたのでもう一回ほっとしました

帰宅して小4の次女と寝る前にお話ししていると明日は、社会科見学で消防署に行くそうです。
「もしかしたら救急車にも乗れるかもしれない?」
と、嬉しそうに話しかけてきたので
「お父さん昨日救急車の乗ったんだよ!」
と、言うと
「本当?いいなぁ!」
と、目を輝かせていました

昨日の緊急内視鏡や救急車同乗の疲れが、なぜか吹っ飛び知らない間に眠りにつくことが、できました

無邪気な娘に感謝、感謝です



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

走るお医者さん

Author:走るお医者さん
東京都大田区で開業している町のお医者さん
平成6年長女が、生まれたことを契機に一念発起してジョギングを開始!
フルマラソンのベストタイムは、3時間21分!
ウルトラマラソン100kmも年一度挑戦し完走!
基本的には、タイムを狙うというより仲間とおしゃべりジョギングを早朝や週末にジョギングを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR