FC2ブログ

誰も信じない・・・・

タートルマラソンに参加してきました

レース後、学生ののアメフトの試合が、千葉県八千代であるため北千住の会場まで車で行きました。
6時に起床して朝ご飯を食べ8時に仲間をピックアップして会場に向かいます!

念のためにファミリーマートで買ったおにぎりを食べましたが、これが・・・・

会場近くの駐車場に止めていざ会場でレースへ準備完了!

午前10時にスタートの号砲が鳴って走り始めると体が重い!
1kmのラップが、5分半で走りますが、お腹も重い・・・・
さっき食べたおにぎりが・・・・

いまさら言い訳になりませんが、河川敷のレースは、景色が単調で今までも沈没したことが、何度もあることを思い出します。

初めの2kmであっさり心が、折れてジョギングモードに 
僕は、陸連登録で前列の方からスタートしたので後ろから来たランナーに抜かれること抜かれること
数えられませんが、今まで出場したレースの中で一番抜かれたと思います

後ろから来たジョギングクラブのメンバー数人にも抜かれて10kmを1時間2分で走るダメダメ状態
「こんなことならレースに出ないで公園を走っていた方が、よかった」
と、思う始末ですが後の祭りです

日差しも強くなって暑いは、のどが渇くは、やる気は無いは、の三拍子
折り返して12km付近でジョギングクラブの同僚Iさんに追いつかれます。

Iさんは、平地のマラソンは、4時間切る程度の実力にもかかわらず今一ですが以前あの過酷な富士登山競走を完走をした山岳ランナーですが、今や見る影もありません

気持ちが切れている僕は、これ幸いに一緒に走ってしゃべり始めます。

スタート前にジョギングクラブのF土ちゃんにIさんは、
「2時間過ぎたら待ってないからね!」
と、きつい言葉を投げられていました。

その時は、まさか自分が2時間切れない状態になるとは、思うわけもなく
二人で遅くなった言い訳を考えながら走りますが、妙案が浮かびません

15kmを過ぎたあたりですると前方に倒れているランナーを優しいIさんが、発見

勤務時間内じゃないので通り過ぎようとすると
「さたけさん、放っておくの?」
と、言われたので曲がりなりにも医師免許を持っている僕の心に火がつきます
「もうタイムを気にするレースでもないし・・・」
と、思い倒れている30代男性ランナーの様子をうかがいます

意識朦朧ですが、脈拍はしっかり触知します。
なんとか日陰に移動させて意識の混濁具合をチェックします。
とてもこれから、復活してこの暑い中ゴールまで走れる状態では、ないことは明白でした。


そばにいたマラソンのスタッフが、電話で救護スタッフの要請をのんきにしているのを聞いて

「僕は、医師ですけどこのままここで治療したり再び走れる状態になるとは、考えられないので救急車などでどこかに搬送しないとダメです。救護スタッフが来るまでの時間が、無駄です。」

と、指示しました

数分経つと救護スタッフのドクターが、来たので

初めから脈拍は触知していること 
意識レベルは、1桁 
救急車をすでに呼んでいること

を引き継ぎをしてIさんとその場を離れました

これで遅くなった理由が、出来て一安心してさらにペースが、落ちていきます。
19km過ぎに後ろから今年入会したばかりの可愛らしい女性ランナーOさんが、追いついてきました。
彼女は、まだフルマラソン4時間を切れていないランナーですが、後半ペースを上げてきました。

今まで僕とIさんを結んでいた固い友情は、氷のように瓦解して僕は、Oさんと走ってIさんを置き去りにします
信頼していた僕に裏切られた時の奈落の底に落とされたIさんの顔は、忘れられません

しかし好事魔多し、Oさんと小気味よく走るとペースを上げすぎたせいかOさんが、ゴールの手前で歩き始めました。
一緒に歩くとIさんが、追いついてきて結局一緒にゴールします。
新潟マラソンのように3人手をつないで仲良くフィニッシュしました

ゴール後仲間のところにたどり着くと
みんなが、
「遅いので心配したんだよ!」
と、声をかけられます

「いやぁ、倒れているランナーがいてその人の救護をしていたら遅くなっちゃって・・・」

と、僕が説明しましたが日頃クラブ内では、ホラばっかり吹いているせいか

「本当?」

などとも誰も言ってくれません
信じてくれないどころか、相手にもしてくれません


僕は、急いで千葉まで学生の試合の応援に行かなければならないので泣きながら会場を後にしました

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

走るお医者さん

Author:走るお医者さん
東京都大田区で開業している町のお医者さん
平成6年長女が、生まれたことを契機に一念発起してジョギングを開始!
フルマラソンのベストタイムは、3時間21分!
ウルトラマラソン100kmも年一度挑戦し完走!
基本的には、タイムを狙うというより仲間とおしゃべりジョギングを早朝や週末にジョギングを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR