FC2ブログ

チャレンジ富士五湖 5

Pちゃんは、大会スタッフが、AED(体外式除細動器)を持って行ったのをめざとく見つけたので僕に

「行ったら?」

と、アドバイスをくれたようです!

体育館の方に小走りで行くと一人の女性が、倒れていて医療関係者(あとで聞いたら医師でした!)が、マスクを使って人工呼吸をしていました

倒れている女性は、意識も無く呼吸もしていません

僕は、スーパーマンが、電話ボックスに入ったようにスイッチが入って、へなちょこリタイヤランナーからドクターに変身しました

脈は触れて血圧が、200を越えていました!
顔はどす黒くマスクでの呼吸がうまくいっていないようなので

「挿管チューブは?」

というとその人工呼吸をしている医師が、

「これしか無いんです!」

と、言うので仕方なく二人で人工呼吸を続けます!

酸素飽和度は、70%で決して高くありませんが、仕方ありません!
看護婦らしい女性が、点滴をしてルートを確保して救急車を待ちます!

この人は、格好や年齢などからどう見てもランナーではなさそうなで、きっと出店の関係者だと思われたので周りにいる大会関係者に

「出店にこの人の知り合いがいるはずだから探してきて!」

と、指示をします!

しばらくするとその患者さんは、焼きそばやさんのご主人の兄姉らしく僕の横で名前を呼んで手を握っています!
救急車が到着してストレッチャーの上で気管内挿管をして救急車に乗せますが、脈がだんだん弱くなっていきます

状況から脳出血が、予見されます!
極めて厳しい状況が、予想されますので、先ほどのご兄弟には、

「通りすがりの医者ですけど、厳しい状況が、予想されますのでご家族や親戚などのご連絡をしておいた方がよいかもしれません」

と、お話ししました!

救急車を見送って僕の仕事は終わりです!

一生懸命やれることはしました

しかし思い上がりかもしれませんが、結果が伴わないとなんか晴れ晴れとした気持ちにはなれませんでした

そのあと、最後の仲間のランナーのゴールを見届けて帰京しました!

東京については、お約束の飲み会です!

例年は、100km走ったあとなので食もお酒も進みませんが、今日は、30kmしか走っていないのでイタリア料理で楽しいお食事会なりました
リタイヤして幸せを感じました
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

走るお医者さん

Author:走るお医者さん
東京都大田区で開業している町のお医者さん
平成6年長女が、生まれたことを契機に一念発起してジョギングを開始!
フルマラソンのベストタイムは、3時間21分!
ウルトラマラソン100kmも年一度挑戦し完走!
基本的には、タイムを狙うというより仲間とおしゃべりジョギングを早朝や週末にジョギングを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR