FC2ブログ

ウルトラの父 夜久弘



ウルトラランナーなら知らない人はいないでしょう、サロマンブルーメンバーでもあるスポーツライターの夜久弘さんが、
2015年1月2日13時50分に亡くなられました

夜久弘さんの著書は数々あります。
私も何冊か読みましたが、一番印象に残っているのは

「ウルトラマラソンへの道 - 人はどこまで長く走れるのか」

121541300505016408363.jpg

この本が、僕をウルトラマラソンの道へ導いてくれました

僕の中では、夜久さんは、

「ウルトラの父」

と、呼んでいました

サブ4を達成した後、この本を読んで初めてサロマ湖ウルトラマラソンにチャレンジして
完走出来ました(タイムは、13時間58分位ギリギリです!)

たしか春の鎌倉の方のトレイルランの集まりに参加したときに初めてお目にかかって挨拶をしました
面白いと思った本の著者に会ったことは、後にも先にも初めてだったので大変嬉しく興奮したことを今でも覚えています

その年の6月初めて(1997年?)サロマ湖100kmマラソンに参加した前夜祭では、普通のテーブルの食べ物は、すぐ無くなってしまうのでちゃっかりサロマブルーのテーブルにいる夜久さんに近づいて北海道の美味しい海産物を食べた記憶があります

それからは、富士五湖ウルトラマラソンで一緒に走って頂いたりつくばマラソンでお目にかかったりしてHPの掲示板に
レース後描き込んだりして時々連絡を取り合っていました

最後に一緒に走ったのは、富士五湖ウルトラマラソンの70km過ぎでジョギングクラブの歯医者さんの亀チャンと夜久さんが、インプラントの話で盛り上がったのを覚えています
たまに会って一緒に走っても僕ごときの名前を覚えてくださっていて大変光栄でした

インターネットのお気に入りに夜久さんのHP入れておいたのですが、最近はつながらなくなったのとマラソン大会でお目にかかりたくなったので

????と思っていましたが、まさか訃報を聞くことになるとは思いませんでした

夜久さんの文章で特に印象に残ったのは、

「リタイアは感動の貯金」

「僕は、リタイヤせざるをえないほど全力を尽くしました!」

という言葉です

社交辞令だと思いますが

「佐竹さんも一度、事務所に遊びに来られたら?」

と、言われましたが叶わぬ夢となってしまいました



話ししたことのある方なら皆さん感じていることだと思いますが、優しい語り口と人柄は、とても素敵で人を引きつける魅力がありました


享年69才

images.jpg


ちょっと早いお別れで寂しいですね

夜久さんのお通夜と告別式は以下の通り執り行うとのことです

1.通夜
 平成27年1月9日(金)
   午後6時~午後7時
2.告別式
 平成27年1月10日(土)
   午後1時30分より
3.いずれも、文京区の吉祥寺にて
   東京都文京区本駒込3-19-17




参加は、ちょっと難しいので弔電だけでも打ちたいと思います



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

走るお医者さん

Author:走るお医者さん
東京都大田区で開業している町のお医者さん
平成6年長女が、生まれたことを契機に一念発起してジョギングを開始!
フルマラソンのベストタイムは、3時間21分!
ウルトラマラソン100kmも年一度挑戦し完走!
基本的には、タイムを狙うというより仲間とおしゃべりジョギングを早朝や週末にジョギングを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR